2005年12月23日

【映画評】 ワンダーランド駅で

自分のブログのトップ記事冒頭にあの単語が3つも並んでいることに耐えられず更新。
えと、昔サイトでやってた映画評の再掲です。50本くらいあるのでぽちぽちupしていきます。新しく観たのも書いてけるといいんだけど。
とりあえず五十音順のケツから。アタマからだといきなり評価低くて感じ悪いので(^_^;




ワンダーランド駅で  Next Stop, Wonderland

〈1998/米〉(ビデオ)★★★★★
監督・脚本 ブラッド・アンダーソン 脚本 リン・バウス
Official


Story
看護婦のエリン(ホープ・デイビス)は29歳で、政治運動家の恋人と別れたばかり。エリンの母は娘を心配し、新聞の広告欄に勝手に恋人募集の広告を出してしまう。
一方、35歳のアラン(アラン・ゲルファント)は配管工の仕事を辞め、水族館でボランティアダイバーをしながら海洋学を学ぶため大学に通っている。
ワンダーランド行きの同じ電車に乗るふたりは、出会うこともなくそれぞれの人生を歩んでいるが…。

感想
なんてことないお話なんだけど、そのなんてことなさがツボにはまって気持ち良く観ました。
「たまには恋愛映画も観るべえ」と思って観たけど結局恋愛映画じゃなかった(笑)。人生における恋愛の位置付け、こういうのもありだよ〜ってのをさらっと描いてくれてる感じ。
ていうか、「恋愛至上主義・男と女は愛し合ってナンボだろ」って思ってるフシのある登場人物たちを、主役のふたりがばっさばっさと斬り捨てていくのが小気味良くてさ。

BGMのボサノヴァがお洒落。映像も淡々としてて、カット割りも細かいわりにはうるさくなくて、楽しめました。
ラストが最高。

ワンダーランド駅でワンダーランド駅で
ホープ・デイヴィス ブラッド・アンダースン アラン・ゲルファント

角川エンタテインメント 2005-11-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by あーこ at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(1)
★映画/舞台/ドラマ★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10975602

ダイバー
Excerpt: ダイバーダイバー(Diver)は、ダイビングをする人のこと。2002年のアメリカ映画「ザ・ダイバー (映画)」。アニメ『トランスフォーマー 超神マスターフォース』に登場する、サイバトロン海洋防衛戦士。..
Weblog: 職業情報局
Tracked: 2006-01-08 04:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。