2006年01月13日

今年も元気に一発目のアレ

一昨日の朝なんですが、自転車で大転倒しました。
ほんとうもう大脱走か大空港か大誘拐か大福星かってくらい大転倒しました。

朝急いでて、ちょっと狭まっててちょっと登ってる道のところで人を追い越そうとしたら、目測を誤り、男性の靴の踵に前輪が接触。
避けようと右側にハンドルを切っていたこともあり、そのままの勢いでガシャーン(チャリの倒れる音)ドスーン(横ざまに投げ出された音)ダーン(肘を強く打ちつけた音)コロコロコロ…(衝撃で蓋の開いたMP3プレイヤーから単三電池が飛び出して坂を転がり落ちていく音)。
周りの人びっくり。私もびっくり。数秒間は「ブログのネタができたぞ」と考えることすらできず、「すいません! すいません!」と大声で叫ぶのだが起き上がれない。
男性は当たった右足をふりふりしつつも「だっ大丈夫ですか?!」と目を丸くしている。「大丈夫ですすいません!」でも起き上がれない。
親切な女性が電池を拾って渡してくれたときにようやっと体を起こすことができ、見守る人々に頭を下げまくってその場を後にしたのでした(幸い、チャリは無事だった)。

二日が経ちましたが、強打した肘、肩、横ケツを中心に体の右側面が全部痛いです。夏だったら大惨事になってるよ。それと左手薬指の腹に、歯の悪い吸血鬼に中途半端に噛まれたみたいな二つ並んだ血豆が。これはブレーキの根元で挟んだんだろうか。
当日の夕方には肘がもうすごく腫れてたんで、袖まくって友人に見せたら「うわッいたそぉ〜!」とこわごわ指差されたんだけど、あ、違うそれは夏に店の飲み会でダイブしたときの傷跡だ。

ダイブとは。
カラオケのカーペット敷きの大部屋でオールしていたときのこと。
とりあえずいつも通りはしゃいでて(馬鹿みたいに飲み会盛り上がる職場です…もうすぐ辞めちゃうけど)、若い子と一緒にSPEEDのおまちゅらキー変えないで絶唱したり尾崎のFREEZE MOONを尾崎のようにキレながら歌ったり男性社員とランバダ踊ったりしたことは覚えてるんだけど、3時くらいに寝落ちして。
明け方目が覚めたら、右肘に摩擦によるものと思われるずる剥け傷があって、とても痛いわけですよ。
私「何これ……あたし何した?」

同僚1「ダイブ?」

私「……ダイブ?」
同僚1「ダイブだよね」
同僚2「うん、ダイブしてた」
私「あそう……」
寝起きで頭回ってなかったんで詳細は聞けず、どんな理由でどんな風にダイブしたのか、実は私も未だに知りません。

とにかくそれは、ダイブの傷跡です。





今日(1/14)思い出したこと。

あ〜…

あ〜……。
posted by あーこ at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0)
★やらかし記★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11620264
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。