2006年01月17日

防災とボランティアの日です

防災とボランティアの日 防災とボランティア週間

阪神・淡路大震災から11年が経ちました。
毎年のことですが、もうそんなに経つのか、と驚きます。あの衝撃的な映像群を鮮明に覚えているのに。
遠く離れた地で呆然とテレビを観ているだけだった私がそうなのですから、被災した方々は尚更のことだと思います。
ひどい自然災害が続き、いまも大雪による被害が毎日伝えられる中で迎えた今日、いろいろ考えました。

地震のことはいつも念頭にあります。いつその日が来るかわからない東京住まいだし、地震大嫌いなので。
でも心構えしてるつもりでも、いざ起きるとその辺にある大事なもの(CD-ROMとか…)引っ掴んで玄関すっ飛んでってドア開けるくらいしかできないんだなぁ。
東京はいろいろ便利で天候も安定しているけど、何かあったときにはどこよりもヤバイ街だと思います。途端にパニクるんだ、街も人間も。
東京で阪神・淡路並みの地震が起きたら1万3千人の死者が出るとも言われています。
もちろん大きな都市以外にも、津波や山崩れの危険があったり、大火災を起こす可能性のある施設があるなど、被害を大きくする要素を抱えている地域も多いでしょう。

被災の体験を語り継ぐ人たちがいます。
戦争の語り部の方々を報道などで見聞きしても思うことですが、それはものすごく苦しいことなんじゃないでしょうか。
話すことでラクになる、という作用もあると思う。だけどそこまで悲惨な体験は、そういう類いのものではないんじゃないかな。
言葉にし、人に伝えることで、記憶は定着し、風化を拒む。
悪夢のような体験を自分の中に定着させてまで、彼らがそうしてくれるのは、偏に後世のためでしょう。
その真摯な思いをしっかりと受け止めたいと思います。

とりあえずできることから…
生活密着情報 :: 総務省消防庁

あと、以前も日記(消えちゃった)に書いたことですが、地域の避難訓練にはなるべく参加しましょうね。
我が家では、父が消防団やら自治会やらいろいろやってるので身近な行事です。
うちのほうは下町ムードだから参加者は結構多いんだけど、やっぱり高齢者や小さなお子さん連れのファミリーがほとんどです。実際に災害が起こったときにいちばん頼りになるであろう身軽な青年層がいないんです。
楽しいですよ避難訓練。煙ハウス体験とかバケツリレーの練習とか消火器噴射とか119番かける練習とか応急手当てとか…おやつも出るよ(多分)。
ご家族ご友人お誘い合わせの上、是非参加してみてください。

ひらめき 豆知識
消火器を使うときはホースの口を持ってクイっと上に上げましょう。焦ってホース引っ張ると取れないよ。
posted by あーこ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0)
★雑記★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。