2006年01月21日

【Fx基本】 2-1. 拡張 | IE View

IE Viewは、クリックひとつでWebページをIE表示できるようになる拡張です(そのページを表示したIEが立ち上がります)。
自分のサイトのIEでの表示を確かめたいときや、Yahoo!ミュージックの歌詞やパソコンテレビGyaO等IEじゃなければ見られないサイト、IEが勝手に修正してしまうためサイトマスターがHTMLやCSSのミスに気づかず他ブラウザで見るとエライことになっているページを閲覧するときに便利です。

IE View(日本語版)の配布元はこちらです。(norah'#)
* 注意 *
この拡張のように、オリジナル版で日本語がサポートされておらず、独自の日本語版が配布されている場合。
「ツール→オプション→詳細→更新」で「拡張機能とテーマ」にチェックを入れ、尚且つ「自動的に更新をダウンロードしてインストールする」を選んであると、気づかぬうちに拡張が英語になっていることがあります。
英語じゃイヤダというときは、日本語版の配布元に行って、最新ver.の日本語版を手動でインストールしましょう。

なお、IEを新たに立ち上げるのではなくFirefoxのタブでIEとして開いてくれる、IE Tabという拡張もあります。同じくnorah'#さんでパワーアップver.のIE Tab Symphonicaが配布されています。
これがまたとっても便利なんだけど私的に一長一短なのだー。
タブで使えるのはもちろん嬉しいし、IE ViewのようにIEを立ち上げる使い方もできるし、ローカルで使えるのも助かるんだけど、私の環境では、なぜかこの拡張を入れるとステータスバーに出るプログレスメーター(読み込み進行状況)が最後まで行かず、消えない。害はないけどなーんか気になって。
また折を見ていろいろ試してみますが、現在使用しているのはよりシンプルな「IE View」です。

----------------
ブラウザ再起動
----------------
(今日は3つの拡張を紹介します。入れたいものを全部入れてから再起動すると楽です)

* 設定 * 【所要時間:1~3分】
「1-2. 基本のカスタマイズ」でやったのと同じように、「メニューバー:表示→ツールバー→カスタマイズ」を選択すると、カスタマイズの窓に[IE View]のアイコンが追加されているので、それをツールバーの好きな場所にドラッグ&ドロップで持っていきます。
Webページ表示中にこのアイコンを押すことで、そのページを表示したIEが立ち上がります。

ページの上で右クリックしたときに出てくるメニューにも「このページをIEで表示」という項目ができるので、ツールバーはすっきりさせておきたいという方は上記のアイコン追加はしなくても構いません。
右クリックでIE View

続いて拡張の窓でIE Viewを選び、設定画面を表示してください。
【メイン】
[Internet Explorerの保存場所]
自動検出してくれるので、デフォルトで合っていると思います。もし違う場合は[参照]ボタンでIE本体の場所を選んでください。

[常にIEで開くサイト]
常にIEで開きたいサイトがある場合は、「サイトの追加」ボックスにURLを入れて[追加]ボタンで追加してください。
私は「http://www.gyao.jp」を入れてます。
ここに追加したサイトは、例えばブクマから選んだり、ロケーションバーに入力したときに、Firefoxでは「Internet Explorerで表示中」というタブを表示し、自動的にIEを立ち上げます。

【詳細】
そこに書いてある説明通りですが、上の機能は何のためにあるのかよくわからない…。必要なければ、メインの「常にIEで〜」を追加しなきゃいいんだし。
私は下だけチェックを入れています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。