2006年02月06日

【Fx基本】 4-1. ロケーションバーから検索しよう

さて、ここまでいろいろ検索機能を便利にしてきたわけですが、実はFirefoxにはこれまたカンタン便利な検索方法があるのです。
「スマートキーワード」等と呼ばれるそれは、ロケーションバーから直接Web検索を行える機能です。
スマートキーワード
こんな感じ。(あ、ロケバーの端っこが丸っこいのはWellRoundedという拡張を入れてるからです。可愛いでしょ? どうでもいい?)

とりあえずやってみましょう。
デフォルトではGoogleフィーリンラッキーが設定されています。
Googleフィーリンラッキー
コレを押したときと同じことが起こると。
Googleフィーリンラッキーは、「Google検索したときに一番上に表示されるサイトに直接飛ぶ」機能です。
試しに、例えばあなたが好きなタレント・作家・チーム・ブランド等の名前をロケーションバーに入れて移動してみてください。日本語でも、2語以上でもOKです。
どうでしょ、それなりのサイトに飛びましたか?
ちなみに2/6現在、「smap」と入れるとスマスマ公式サイト、「tokio」でユニバーサルのTOKIO公式、「kinki kids」でJ-POP追いかけネット、「v6」でavexのV6公式、「嵐」で『Gの嵐!』公式、「タッキー」でavexの滝翼公式、「news」でアサヒコムに飛びます(笑)。そして「kinki」だと近畿大学。
まぁジャニの事情はちょっと特殊なんだけど、「有名な固有名詞」は大抵公式に飛べるでしょうね。

「どこに飛ぶかな〜♪」と遊んでみてもいいんだけど(よくやる…)、さすがにそれだけでは不便です。当然、いろいろな検索サイトを登録することができます。
ブックマークを開いてください。「クイックサーチ」というフォルダが最初からあったはずです。(何だコレって削除しちゃった人とかいるかな〜。ま、大丈夫)
中身はデフォルトではこんな感じのはず。Googleの上で右クリックして、プロパティを見てみましょう。
クイックサーチ
「キーワードに入っている文字(半角スペース)検索したい言葉」を入力することで、その検索エンジンが使えるというわけです。
「google」だと長いですね。私は「g」に変えてます。

これを好きなように増やしましょう(ただあんまやると覚えきれないかと)。
検索サイトや辞書サイト、ショッピングサイトなど、検索ボックスのある場所に行き、検索ボックスの上で右クリックします。
スマートキーワードの設定
「この検索にキーワードを設定」を選択します。
スマートキーワードの追加
このような窓が出るので、名前とキーワードを自由に設定し、作成先を「クイックサーチ」フォルダにして[OK]。

こんな風にしてみると…
ヤフオクで検索
ここにジャンプ!
検索結果にジャンプ

適用フォームのある場所は、例によってスマートキーワード - Firefox まとめサイトにたーんと載っています。

私の設定は、
IT用語辞典 e-Words:it
EXCEED 英和辞典:exe
EXCEED 和英辞典:exj
英和辞典 - goo 辞書:e
Google:g
Wikipedia:wp
コンサイス カタカナ語辞典:ka
大辞林 国語辞典:d
って感じです。そーいやよく使うY!ショッピングと楽天を設定していないなぁ。あとでやろう。フィーリンラッキー(キーワードなし)の次によく使うのはWikipediaかな。

使いこなせば検索バー要らないかも?!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。