2006年02月06日

【Fx基本】 4-2. 拡張 | Tab Mix Plus

Tab Mix Plusは、タブ関係の機能をさらに高めてくれる拡張です。
タブ機能はFirefoxの大きな魅力の一つなので、ほんとは最初のほうで紹介するべきだったのかもしれませんが、あまりの設定項目の多さに引かれてしまいそうだったのでやめときました。ここまで実践してきた人ならだーいじょーぶ!
そんなわけで後回しにしましたが、Firefoxの使いやすさを格段にアップさせる、重要な拡張です。インストールを強く強く推奨します。

Tab Mix Plusの配布元はこちらです。 (Tab Mix Plus)
* 「Download Current Version」からインストール

もう一つ、Tabbrowser Extensionsという有名なタブ拡張があるのですが、多機能すぎて重いとの評判で、何しろ作者さん(日本人)自身が「激しく非推奨。TMPオススメ」とまでおっしゃってるので入れたことがありません(^_^;

----------------
ブラウザ再起動
----------------

「メニューバー:表示→ツールバー→カスタマイズ」に「表示中のタブ」「最近閉じたタブ」「最近閉じたウィンドウ」「セッションマネージャー」等のボタンが追加されているので、お好みでツールバーに追加。
私は「最近閉じたタブ」「セッションマネージャー」を追加してます(「セッション〜」については後述)。

* 設定 *【所要時間:5~10分?】
!! 注意 !!
1-2. 基本のカスタマイズの「ツール→オプション→タブ」で設定したものより、このTab Mix Plusで設定したものが優先されます。


そんなにデフォルトからいじってないと思うけど、My設定。補足やツッコミは青字にて。
ちょっとずつ使いながら、ご自分のかゆいところに手が届くように設定していってください。
設定中に出てくる用語の確認
TMP設定用語

【リンク】
本来新規ウィンドウに開くリンクを: 新規タブに開く
外部から読み込まれたリンクを: 新規タブに開く
JavaScriptポップアップの設定: 全てのポップアップをタブに開く
以下2つチェック入り

強制的に新規タブに開くリンクの種類: なし
シングルウィンドウモードを有効: ノーチェック
これを有効にすると、「メニューバー:ファイル→新しいウィンドウ」やリンクの上で右クリックして「新しいウィンドウで開く」も使えなくなります。

【イベント】
[タブを開く]
新規タブに: 空白ページを表示
新規タブを現在のタブの直後に開く: ノーチェック

以下を新規タブに読み込む:
ロケーションバーから開いたタブ・Web検索バーから開いたタブにチェック

ミドルクリックで現在のタブに読み込む: ノーチェック

[タブのフォーカス]
以下のタブにフォーカス: すべてチェック入り
これらを開いたときそのタブが最前面になるということ。開いたらすぐ見たいので。

以下がミドルクリックで開かれた場合、フォーカスを反転: ノーチェック
上の設定と逆になるということ。

[タブを閉じる]
タブが複数開いている〜: チェック
その下ノーチェック

現在のタブを閉じたとき、フォーカスを: 直前にフォーカスしていたタブに移す
これ私的にとても重要。デフォだと左のタブだか最後のタブだかだった気が。

ウィンドウをマージする際:
「すべてのウィンドウを一つにまとめる」を選択
下2つチェック
ウィンドウが複数開いているとき、タブとしてまとめてくれる機能です。私の場合「ウィンドウが複数」という状態がほとんどないのであんまり使いません。

[タブ機能]
「閉じたタブを復元」を有効化する: チェック
キャッシュするタブの数: 5
タブを元の位置に戻す: チェック
ツールバーボタンを〜: ノーチェック
これないと泣いちゃう。こう、特にマウスジェスチャでさくっと閉じた瞬間に目に入った文字列が気になったり、何かと、ほんと1時間に3回以上使ってる気がする。

中段、上だけチェック

下段、一応デフォルトのまま4秒
この機能なんか面白いのか? 使い道がいまいち想像できない…。

【表示】
[タブバー]
アイテム表示: 「タブを閉じる」ボタンのみチェック
タブが一つしか開いていない場合〜: チェック
ドロップインジケータ: デフォルトスタイルを選択
「ドロップ〜」はタブをドラッグ&ドロップで並べ替えるときに出てくるマークのこと。

タブバーの位置: 上部(デフォルト)
一段に収まらない〜: 複数段表示
バーの最大表示段数: 3
いくらタブっこあーこでもそこまで開くことないですけども。画面小さい人は「スクロール可」を選んだほうがいいかな。

[タブ]
ハイライト: 未読のタブのみチェック
 スタイルをカスタマイズ
 [未読のタブ]
 文字装飾はノーチェック、文字色のみチェックでBlue
 [プログレスメーター]
 ともにノーチェック

アイテム表示: 3つすべてチェック
「タブを閉じる」ボタンを左端に表示: ノーチェック
「マウスオーバーしたタブに表示」を選択
閾値: 50ミリ秒
これも私的にかなーり重要。
この設定だと、表示中のタブじゃなくても、タブの上にマウスを50ミリ秒乗せるとタブの右端に×マークが出るよ、ということ。


タブ幅: 22から250ピクセル
以下2つノーチェック

【マウス】
[マウスジェスチャ]
「タブバー上をホイールスクロールでタブ切り替え」「左クリックで〜」にチェック
ホイールスクロールでタブ切り替え好き。たまに回しすぎてあわあわわってなるけど。一番下のはよく意味がわかりません;;

[マウスクリック]
[ダブルクリック]
タブ: 右側のタブをすべて閉じる
タブバー: 新しいタブを開く
「右側の〜」は結構使う。ドラッグ&ドロップで並べ替えてから右側を一気に閉じるのが快感(そのタブは残ります)。

[ミドルクリック]
タブ: タブを閉じる
タブバー: 最後に閉じたタブを復元
その下ノーチェック
これチェックすると機能かぶっちゃうんじゃないかなぁ???

[Ctrl+クリック]
タブ: マージするタブとして選択する
タブバー: 何もしない

[Shift+クリック]
タブ: タブを保護
タブバー: 何もしない

[Alt+クリック]
タブ: タブをロック
タブバー: 何もしない
「ロック」はタブの上書き防止、「保護」は閉じるの防止、【メニュー】で出てくる「凍結」はその両方。

【メニュー】
[タブのコンテキストメニュー]
タブのコンテキストメニューに表示する項目: 以下にチェック
新しいタブ・このタブをブックマーク・他のタブをすべて閉じる・左側のタブをすべて閉じる・右側のタブをすべて閉じる・タブを保護
タブやタブバーの上で右クリックしたときに出てくるメニューね。「最近〜」「最後に〜」はWebページのメニュー↓で。

[Webページのコンテキストメニュー]
Webページのコンテキストメニューに表示する項目: 以下にチェック
選択範囲内のリンクを新しいタブに開く・最近閉じたタブ・最後に閉じたタブを復元
「選択範囲内の〜」は、例えば私は野球の記事なんかで各スポ紙へのリンクをドバッと張るんだけど、その辺をぐいーっと選択しておいて右クリックでこれを選ぶと、それらの記事を一気に新タブで開いてくれるという具合。

[「ツール」メニュー]
「ツール」メニューに表示する項目: チェックなし
「メニューバー:ツール」に追加される項目。よく使う「セッションマネージャ」はツールバーにアイコン追加してるので。

【セッション】
セッションマネージャを有効・クラッシュリカバリーを有効 ともにチェック
要は、ブラウザ終了時の状態をまんま保存してくれる機能。前回のとその前のと2つ保存してくれるのもgood…な気がする。
「クラッシュリカバリー」は、Firefoxが強制終了になっちゃって再起動しなきゃいけないとき、最後の状態を復元してくれると。ありがたや。


[起動時/終了時]
ブラウザ起動時: 復元しない
ブラウザ終了時: セッションを保存する

起動時のセッション: 最後のセッション
空の場合は〜: チェック
起動するたびに前回終了したときの状態にされたらそれはウザイです。なので「復元しない」。
しかし、拡張を入れて再起動したいときは、復元してくれるととっても嬉しい。私は大抵タブを複数開いているので、自力で再現するのは大変。
だからツールバーに「セッションマネージャ」アイコンを追加しているのです。
拡張入れて再起動するときは、これでさくっと「設定」を呼び出して「復元する」を選んでおくと。


[復元]
「現在のウィンドウに上書きする」のみチェック
再起動する場合はあんま関係ない。Firefoxを起動している状態で、ツールメニューなりツールバーアイコンなりからセッション復元する際の動作の設定です。
この設定だと、いま開いているウィンドウに、選んだセッションが、新規タブとして追加されます。
「現在のウィンドウに〜」がノーチェックだと、新しいウィンドウが立ち上がります。
「タブも上書きする」にチェックを入れると、いま表示しているタブが上書きされてしまいます。


[状態の保持]
タブ: すべてチェック
ウィンドウ: 両方チェック





設定以上! おつかれー!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。