2006年03月12日

この一瞬のために生きている

うちの萌えッ娘は自分が褒められ慣れているせいかなかなかの褒め上手で、どう頑張って表現しても中肉中背、というか標準体型、つまり理想体型ではない、の私に「あーちゃん(仮)スマートねー」などと言って舞い上がらせてくれます。

本日、えらい若作りな格好で出かけて帰ってきたら、そのファッションが気に入ったらしく。
「あーちゃんスカート可愛いー」(デニムふりふり)とか「あーちゃんおっぱい大きくなった?」(それは着こなしマジック)とか言いながらくるくる私に付きまとい。

「あーちゃん、大学生のお姉さんみたい!」

「そぅおおぉぉお?!?!(゚∀゚)」

声裏返った。

その後義兄も入ってきたので、
「お義兄さん、いまあなたの娘に『大学生のお姉さんみたい』って言われたんだけど、どぅお? ああ近づかないで、シワが!!

いやほんと。大学生はないとして(そもそもまいなは実際に「大学生のお姉さん」と間近に接したことがないと思う)1歳でも若く見られると嬉しいものです。
接近戦に耐えられるよう、今後も皮膚工作活動に勤しみたいと思います。
(でも結局『睡眠に勝るスキンケアなし』なんだよなァ…今年きつすぎ)
posted by あーこ at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0)
★雑記★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。