2006年04月09日

060408 東京アパッチ vs 埼玉ブロンコス @有明コロシアム

小3の甥がミニバスをやっているので(生まれたその日に軟式C号級プレゼントしたのに…)、連れてってみることにしました。初めてのbjリーグ観戦です。

日本プロバスケットボールリーグ - Wikipedia
うっすら知ってはいたんだけどプロリーグ発足に当たりいろいろあるようで…。
プロリーグ構想 (バスケットボール) - Wikipedia
まっ、とにかく楽しそうだったからさ。

適当に都合の良い日の東京ホームゲームを選んだのですが、直前にちょっと調べてみるとなんだかたいせつな試合のよう。
東京はプレーオフ進出マジック1。さらに、ダントツ最下位の埼玉とは因縁があるようで…。
参考記事:4月8・9日は「ブースター・コアシート」を特設・東京

ちょっとどきどきしつつ行ってみると、結果は……
ま、負けたorz ここまで5勝31敗の埼玉に。
東京 70-73 埼玉 結果はこちらから
bjリーグのサイト見づらいなぁ…。JavaScriptばっかで記事単体にリンク貼れんし、Firefoxじゃ上手く機能しないし。

でも面白かったですよ! バスケは展開が速いから、秒単位で時間に重みがあるよね。
ルールも大体はわかるし。(ただし、bjリーグ独自ルールあり)
接戦だったし、ほんと最後の十数秒まで「あああまだ行けるううぅ」ってドキドキして観ることができました。




雰囲気の感想。
観客はお子さんが多い! 家族連れも、部活でやっているのであろう小中高生のグループも。
バスケは人気の部活だし、体育の授業や球技大会の定番で、また休み時間なんかにも気軽にできることを考えると、圧倒的に経験者が多いというのが強みだなぁと思いました。

それでもまだ1年目で知名度が低いこともあり、スタンドには空席が目立つ(他の試合の観客動員数を見ると新潟アルビレックスが圧倒的なようですね)。
そのため、ファンサービスの徹底や盛り上げようとする意気込みはひしひしと感じられました。

試合前のフリースロー大会(月島もんじゃの素もらえるのーいいなー)等のイベント、MCやDJによる応援の盛り上げ、華やかなダンサーたち。
試合後には客席にボールを投げ入れ、さらには選手たちがロビーに出てきて自ら物販(笑)。もちろん買ったものにその場でサインも!

シーズン終盤のためか既に雰囲気は結構できあがっていて、一見さんお断りってわけではないんだけど、観客の大半はブースター(サッカーで言うところのサポーターみたいな)に見えました。
ロビー入り口にブースター受付があって、ポイントカードがどうのとかやってたり。あと紙製の可愛いアパッチの羽根! お子さんはみーんな頭につけてました。

すげェなぁと思ったのは小4か小5くらいかなぁ、女児の東京ブースター軍団。おしゃれしてすっごい応援して、終了後のロビーではそれぞれお目当ての選手に向かって走る! 走る!
あの歳からあんなんで…(^_^; と思いつつ、頼もしい存在だなぁと。

埼玉ブースターはちょっと怖かったよー。緑の服で固まってでっかい旗振り回して、「Let's go BRONCOS! (ダンダンダダダン!) Let's go BRONCOS! (ダンダンダダダン!) 」の響きが迫り来る…。
あれは何ですか県民性ですか。
ホームゲームでDJもついてんのに応援負けてたもんな〜東京。私たちは頑張って「ゴォアパッチ!!」とか「ディーフェンス!!」とか叫んでみたが。

とにかく面白かったので、来季も何試合か観に行ってみたいと思います。

0408東京-埼玉

家帰ってもんじゃやりました。協賛効果アリだよ〜月島もんじゃ協会さん。
posted by あーこ at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0)
★その他スポーツ★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16770029
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。