2006年04月16日

スポーツをたくさん観ることにした

わけですよ。
理由は複合的なんですが、下記のような感じ。

1. 転職
パン屋んときは土日はむしろほぼ必ず働いてたし、遅番入れば帰るのは9時過ぎでTV観戦もままならなかった。それが普通の労働時間になってとっても解放感。

2. 新しいものへの興味
私は祖父が国鉄と縁の深い仕事をしていた関係でのスワローズファンなので、なんで野球好きになったのかと考えてもDNAとか洗脳とか答えるしかない。
いま好きなプレーとか展開とか選手のタイプとかは言えるけど、どういう過程でそういうものに痺れるようになったのかも謎。
ルールブックも読んだことなくて、試合観たり遊びでソフトやったり(学校ですごく流行ってた)するうちになんとなく覚えて。大人になってから(特にネット始めてから)「これは?」と思ったことを調べたりはしてるけど。
いまでも結構アバウトではある。戦術についても、『おおきく振りかぶって』 6巻の走者1,3塁の場面でのモモカンと桐青監督の心理戦見てスゲー…とかゾクゾクしてるレベルですが。
まぁとにかく、野球に関しては「染みついてる」という感覚で。
そいで、「いまさら他のスポーツ覚えるなんて…」と気後れする部分がかなりあった。
が、そこに来て……

2-a. 友人の影響
よく名前出てくる奴ですが、彼女は数年前にホークスに興味持ったって報告あってから、気づいたときにはなんかもう普通に野球の話できるようになっていたのね。
元々知識欲旺盛なタイプだと思うし、ネットもやっててよく動く人なので、自分でどんどん調べたんだと思うけど。
それ私にもできるかな…? と思うようになった。

2-b. トリノ五輪のカーリング
あの頭脳的で1試合が長いスポーツに、みんな夢中になった。
競技自体の面白さ、フォトジェニックな選手たち、各ゲームそしてリーグのドラマチックな展開に加え、解説の素晴らしさも大きかったと思うんだけど。
私もご多分にもれずかなりはまって観てました。ネットでルールとか用語とか調べたりして。
で、まだ新しいスポーツ覚える容量残ってるなーと思った。

3. 個人的F-PROJECTの一環
F-PROJECTつーのは、燕より閑古鳥が幅を利かせている神宮球場にどうにか人を呼ぼうと、今年から始まった企画なのですが(Furuta Fan Fun Full)。もちろんファンもプロジェクトの一員で、好き勝手提言したりしています。
いろいろ観たらなんか参考になるかなーとか。

4. 熱が冷めない
トリノとWBCを続けざまに観て、なんかずっと発情中。

5. 自分探し
生きててすいませんって感じで。




もちろん、「元々興味があり、ちゃんと知りたいと思っていた」ということが大前提ですが。
手始めに「うっすら知ってる」サッカーと「ほとんど知らない」ラグビーの観戦に着手します。
「染みつく」までには何年かかるかわからないけど、とりあえず試合を観て自分なりの感想を持ったり、ハイライトで扱われない選手の良さをわかるようになれたら良いなーと思う。
「土橋のファウルに身悶える」ような感覚、いつか味わうことができるんでしょーか?

カテゴリ2つ新始動します。
posted by あーこ at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0)
★その他スポーツ★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。