2006年07月05日

トリプルパンチ

中田英寿選手引退

中田英選手の大きすぎる功績について、歴史としては知っているけど、それはあまり感情を伴わない知識なので、大して語る言葉もないんだけど。
特別なひとには特別な世界が見えているのでしょう。それは私たち凡人の想像力の及ぶ場所にはない。その彼だけの世界の基準で考えて決めたんだから、そうかぁーとしか…。
ただ、たいせつな感情を傷つけないように塗り固めてしまうとかの件は、同系統の心持ちを知ってる気がしてきつかった。物凄く。あの文章はしばらく読めないなぁ。
でもあれほど真摯な本人のことばで伝えられて、ファンの人もつらいだろうけど、受け入れるしかないし、受け入れることができるのではないかな。

予てから、プロサッカーは戦争寄りのスポーツだなぁと思っていた。その最前線で闘い続けてきたのだから、どんな強靭な精神でも磨耗しているでしょう。
長く濃密な時間、お疲れ様でした。
これからどんな風になるのか楽しみだー。ハーバードでMBA取得だって?

しかし、価値あるもの(命なり、物なり、事柄なり―この場合は『中田英寿がプロサッカー選手であるという事実』)が失われたときって、ほんと無価値で無意味な自分が生きてることに絶望する。なんかすごい虚脱感で、こないだ見つけてはまった霞っ子クラブの裁判傍聴記を朝4時半まで読み耽ったよ。ほんと面白いわこれ。




駒大敗退…

PK戦の末準々決勝敗退 (駒大スポーツ)
PKか〜…。
お疲れ様でした。また秋に向けて練習頑張ってください!





ドイツも負けちゃった…

そぉか…あの時間からあんなことになるのか…。怖いな。残念だ。




と微妙にダークゾーン突入しかけたところで次の記事に続く。

(相変わらずさり気なく書きかけ記事をサルベージしたりもしています。日記ではなく記録が多いので、完成・発表の順番は気まぐれです)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20319954
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。