2002年06月05日

GO WEST

あっきーと俊くんに挟まれて、My Birthdayでございます。
3年ほど前から楽しみにしていたこの日をやっと迎えたわけだが、プロフィールは相変わらず「カミング三十路」なのであった。

とりあえず、昨夜はジモ友兼ジャニ友のカズラと飲んだ。
地元なので終電を気にすることもなく、なんだかんだで5時間余り。
私とカズラの家は、某駅を挟んで反対方向に、それぞれチャリで10分ほど行った場所にある。
いつも駅のそばで会うか、カズラがうちに来ていたので、私は彼女の家を知らなかった。
キャンティのデキャンタ1000mlでいい感じに酔っ払い、少し夜のサイクリングを楽しみたい気分だった私は、「今日はあんたの家までの道順覚えるよ〜」と思いつきで口走った。
参考までに、私は大変な方向音痴である。地図を見て、現在地がわかっていても進むべき方向がわからず、地図を持ったままその場でぐるぐる何回転もしてみるタイプだ。
さらに、自他共に認めるザル女の私が、昨夜は疲労のためか、最近では覚えがないほど酔っていた。
さすがに危険を感じて自転車は押していったのだが、それでも我知らず蛇行する足取りを何度も直され、車からかばわれ、ほんとうに帰れるのかと不安がられ、目印をくどいほど教え込まれながら、彼女の家に到着。
その場で零時を迎えて祝ってもらい、「大丈夫? 札幌ラーメンの所までは真っ直ぐだよ!」と念を押されて帰途に就いた。

……札幌ラーメンは確かに見た。曲がった。
でも、そのあと、夜風に吹かれるまま勝手気ままにサイクリングヤッホー♪ってわけでもないんだけど、なんとなく走っていて、気がついたら、もう明らかにまったく知らない道にいた。
「ん〜……さて……」
まあとにかく、西に向かえばうちに着くはず。所詮区内のこと、遭難して1週間山菜と涌き水でしのぐようなことにはなるまいと、気楽に構えてそのまま走った。
やがてよく知っている、大きな通り沿いの区の施設が見え、私はほっとした。多少遠いがここからなら帰れる。
そして気分良く自転車を走らせること数分。
なんか、全然馴染みの風景にならないんですけど。
「これは〜……アレだな、多分……」
さすがに気付き、ちょっと引き返してコンビニへ。
アクエリアスミネラルバランスを購入しつつ、レジのお兄ちゃんに
「すいません、○○駅はどっちですか」
「え、○○駅? あっち方面にずっと行けば着きますけど…」
ハイ、逆でした。あーこ、疾風のようにGO EAST。
数行前に戻ると、私は地図を持ったままその場でぐるぐる何回転もしてみるタイプ。
そもそもランドマークなど何の意味もないし。
ていうか西とか東とかそういう感覚が体内に備わってないし。
何を思って「西へ向かえば大丈夫」なんて思ったんだろう。お酒って怖い。
結局、20分で帰れるはずの我が家に辿り着いたのは0:40のことでした。

というわけで、新しい年になって初めて経験したことが迷子。
暗示的どころか、なんかもう人生決定したような気分だ。
posted by あーこ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
★やらかし記★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8119259
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。